2013年8月アーカイブ

やっとでメルマガ書けた?!

筆無精ですいません(^^ゞ

自分で全部書いていますが

筆不精すぎてお客様から、催促されることもあるという

恥ずかしいメルマガですが、どうぞご覧頂ければと思います。

鬼ころしで有名な老田酒造店から。

 

鬼ころし 怒髪衝天辛口 ひやおろし

http://www.hidaroman.com/oita/dokara_hiyaoroshi.html

 

口に含んだその瞬間、「あれ?甘口か?」と勘違いしてしまうほど

甘くまろやかな当たりを見せる。

味わっていくうちに、徐々に向ってくる辛さを実感。

後味に余韻が出るまろやかさが備わる。

辛さと旨さ、まろやかさのバランスはひやおろしで実現。

価格は、1800mlで2,544円(税込)、720mlで1,323円となっております。

 

実は、この酒にはもともと、

鬼ころし 怒髪衝天辛口 という、日本酒度+10の辛口があります。

これに熟成、まろやかさが加わりました。

切れを求めるなら怒髪衝天辛口、まろやかさを求めるならひやおろし

 

ただし、ひやおろしは秋にしか味わえませんからね。

 

鬼ころし 怒髪衝天辛口はこちらから。

http://www.hidaroman.com/oita/dokara.html

鬼ころし 怒髪衝天辛口ひやおろしはこちらから。

http://www.hidaroman.com/oita/dokara_hiyaoroshi.html

ひやおろしが続々登場!

原田酒造場からは花酵母のひやおろし!

 

山車ひやおろし 花酵母造り

http://www.hidaroman.com/harada/hiyaoroshi.html

 

氷温熟成後に、夏越し熟成させた手間隙かけた花酵母使用の逸品。

吟醸だけに品の良い味わい、非常に柔らかでするっと喉を通る滑らかで

さらっとした口当たりと豊かな香りが口の中で広がります。

9月2日に発売しますよ!

価格は1800mlで2,500円(税込)、720mlで1,450円。

http://www.hidaroman.com/harada/hiyaoroshi.html

すでに幾種類かご紹介はさせていただきましたが、

渡辺酒造店の秋のラインナップが届きましたので簡単にご紹介しますね。

 

蔵元の隠し酒 秋の番外品 8月23日発売開始

http://www.hidaroman.com/watanabe/kakushizake-aki.html

(※まだ現物がないので、秋の番外品の画像ではありません)

 

飛騨蓬莱 岐阜の名工 板垣 9月4日発売開始

http://www.hidaroman.com/watanabe/itagaki.html

 

純米大吟醸 亀の尾(火入れ) 9月4日発売開始 限定1500本

http://www.hidaroman.com/watanabe/kamenoo-hi.html

 

純米大吟醸 蓬莱 愛山(あいやま) 9月4日発売開始 限定3000本

http://www.hidaroman.com/watanabe/aiyama-hi.html

 

他の蔵からも続々と秋の酒が登場してきます!

 

お楽しみに!

 

秋のにごり酒 蓬莱 とろとろとろ(秋季限定)

 

http://www.hidaroman.com/watanabe/torotoro.html

 

熟成された秋のにごり酒はまさに「とろとろとろ」。

こくと口の中の味わいがたまらなくいいですよ。

飲んだ瞬間、 「脱力?」で、あなたの心も「とろとろとろ」。

アルコール度数は若干高めなので、オンザロックでもいけます。

秋限定商品。売り切れご免です。

 

2013年は9月4日より販売開始。

只今絶賛予約受付中です!

1800mlで2,370円(税込)、720mlで1,260円。

http://www.hidaroman.com/watanabe/torotoro.html

 

秋の酒はタンクの中で熟成されてとろっとろ?!

芋餅を作ってくれました。

昨日、親戚の家に行って、
嫁さんと子供たちが芋掘りを
してきたので、その芋を使って
芋餅を作ってくれました。

外側はカリカリサクサク、
中はもっちり、挟んだチーズが
とろけて、とても美味しかったです!

こんな時、ビールが進んだろうなあ(笑)

posted by 飛騨高山 池田酒店 店主 池田尚哉

 

蓬莱 特別純米酒 自然発酵蔵ひやおろし

http://www.hidaroman.com/watanabe/hakkou-hiyaoroshi.html

 

飛騨市と合掌造りの世界遺産で有名な白川郷との境には

全国的にも有名な天生峠という、ある意味秘境にも近いところが存在します。

一応国道360号線があるのですが、1年のうちの大半が通行止め、

ネットでは「酷道」とさえ評されるような秘境の地で、湧き出ている水があります。

その名を「天生水」と呼び、とても良い水が湧きでているそうです。

数々の言い伝えがあるというこの水が、私たちにもたらしてくれる自然の恵みに

よって、とてもふくよかでありながらクリアですっきりとした味わいを

飛騨の自然を感じながら味わいたい、そんなお酒に仕上がっています。

 

2013年は9月4日に発売されます。

当店で絶賛予約受付中!

1800mlで2,480円(税込)、720mlで1,380円(税込)

http://www.hidaroman.com/watanabe/hakkou-hiyaoroshi.html

蓬莱 ひだほまれ 酒米づくり研究会という酒をご紹介。

http://www.hidaroman.com/watanabe/homare.html

 

お米というものは農産物。

当然ながらその時の天候など気候によって

毎年の出来が違います。

また、粒もある程度はそろっているもの、農家さんがどんなに手塩にかけて育ても

小さい粒、酒米としての規格に外れてしまうものが存在します。

規格外となったお米で造ると、純米酒であっても純米大吟醸であっても

普通酒扱いとなるのだそうです。

ただ、もともと米の心拍がおおきい「ひだほまれ」。

丁寧に純米づくりをすることによって引けを取らぬ味わいに仕上がりました。

http://www.hidaroman.com/watanabe/homare.html

 

 

そんな純米造りでのお酒をお手頃価格で提供!

なんと!

1800mlで、税込1,680円!

http://www.hidaroman.com/watanabe/homare.html

 

規格外米というのはそうそうないものです。

限定5000本。お値打ちなため、毎年人気の高い商品です。

ぜひ味わってみてほしい1本です。

毎日暑い日が続いていますね。

かと思うと、東北では過去に経験したことのないような大雨が

降ったとのこと、被害に遭われました方に取りましては

お見舞い申し上げます。

 

お盆期間中の営業の案内をさせていただきます。

注文確認や注文メールなどについては基本的におやすみはありません。

注文受け付け次第順次返信させていただきますが、

どうしても自分自身より周りが慌ただしいので若干遅れることがあります。

 

発送について

蔵元や営業ルート、問屋のおやすみの都合上、

商品の入荷が見込めませんので、在庫の関係で発送自体は

 

13?16日まで発送休業

 

とさせていただきます。

 

休業と書かれていますが、けっしてどこかに出かけるということもなく

生活自体は何も変わりません^_^;

世間様がおやすみになるので、どうしても止まってしまう部分がありまして^_^;

 

ご入用の方は早くご注文下さい。

明日11日までにご注文いただければ、商品が入荷できますので

そうすれば発送休業期間中でも送り出すことができますので!

 

どうぞよろしくお願いいたします。

http://www.hidaroman.com/kaba/hatsunomikiri.html

 

 

「初呑切り」とは、酒造技術が未発達だった昔、火入れ(加熱)した新酒も貯蔵中に

火落ち(腐敗)してしまうことがあり、

火入れ後、しばらくして貯蔵庫内の酒が順調に熟成しているか調べるために

始められたのが呑切りという習慣で、最初に呑口を切ることを初呑切りといいます。

最近に酒造技術も設備も進化しているので、腐敗することはまずないのですが、

熟成具合を見ることは今でもあります。じっくり貯蔵熟成された

吟醸の初呑切り。数量限定で登場です。

 

飛騨高山 池田酒店内 白真弓 初呑切り 吟醸 販売ページ

http://www.hidaroman.com/kaba/hatsunomikiri.html

 

1800mlで税込2,300円。それほど高くないお値段ですが、

なにせ数量が限られているので、注文は早めのほうが間違いないですね。

アーカイブ

ウェブページ


ジオターゲティング
Powered by Movable Type 5.1
Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
飛騨高山 池田酒店

Facebookページも宣伝
PR

このアーカイブについて

このページには、2013年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年7月です。

次のアーカイブは2013年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。