2013年9月アーカイブ

ちょっと急ぎなのでお知らせさせていただきますね。

好評発売中、毎年人気のあのお酒が今年最後になるんですが、

最後の瓶詰めが注文分のみ瓶詰めだそうなので、

ご入用の方は?と思い、お知らせします。

 

二木酒造 純米大吟醸生酒 氷室


http://hidaroman.com/niki/jd-himuro.html


いつも人気の酒、4月?9月までの期間限定品、

二木酒造の「純米大吟醸生酒 氷室」が、いよいよ販売終了と

なるわけですが、最後の瓶詰めは、注文された本数のみ瓶詰め、

とのこと。

なので、注文いただいた分しかないことになってしまいますし、

後から欲しいという時にすでにない状態になります。

今年からだそうなので、

 

「そんなの知らなかったよ!」


と言われるのも当然だと思います。

今回ご注文いただいた分のみ蔵元にて瓶詰めしてくださるそうなので、

2013年はこれで最後となります。

それが、私も今日(9月23日)に聞いたので、注文締切まで

ほとんど日にちがございません!

なんと!本当に申し訳ないのですが、2013年の注文締切は

9月24日 午後12:00まで!!

http://hidaroman.com/niki/jd-himuro.html


2013年最後の純米大吟醸生酒は、注文のみの最後の販売と

なりますので、どうぞご注文いただけたらと思います。

冗談抜きで2013年の販売はこれで最後となりますので、

よろしくお願いいたします。

当店でも、販売終了後は、基本、在庫は置きませんし、

置けないので^_^;


ご注文は以下のアドレスから。

http://hidaroman.com/niki/jd-himuro.html

ブログから、お買い物かごを付けた際に、文字コードが異なるため、
文字化けしてしまうのですが、そうならないようにCGIをかましてみます。

ブログ → UTF-8
ホームページ → shift_jis

だから、ブログ→ホームページへデータを渡してやると、
確実に文字化けするんです。
この記事を投稿して、お買い物かごボタンを押した時、
文字化けしなかたら成功ということで^_^;

大吟醸 四ツ星

舩坂酒造店 大吟醸 四ツ星

甘いとさえ感じるその口当たりと優しい香りが口の中と

頭のなかをいっぱいにさせてくれる。

そしてホッとさせてくれる。

香り、味わいとともにじっくりと味わいたい酒です。

更に、この酒を飲み交わしつつ話に華が咲くと

より美味しく感じることでしょう。

※第二十回 岐阜県新酒鑑評会 岐阜県知事賞受賞

大吟醸 四ツ星 720ml

価格:5,000円(税込:5,250円)

本数をお選びください。

子供の勉強のお供。

あまり得意ではなかった数学。
上の子から、教えて!のお声が。

まあ、何とか解くことができたのと、嬉しいのは、先生よりわかりやすい!って言ってくれた事。

おだてられたとしても、嬉しいものです、親ってものは(^_^;)

posted by 飛騨高山 池田酒店 店主 池田尚哉

アフォガード。

バニラアイスにエスプレッソをかけて。
苦味とコクのアクセントが良いんですよ。

酒は量こそ飲めないですが、味は
美味しくいただけます。

もちろん、甘いものもちゃんといけます(笑)

酒とスイーツの二刀流です。(^_^;)

posted by 飛騨高山 池田酒店 店主 池田尚哉

奇跡の米とも言われる米で仕込んだようですよ!

飛騨で生まれ、日本を代表する米、「龍の瞳」で造られた焼酎が限定で発売されるようです!

こう、ご期待、販売まで
お待ちくださいね。

posted by 飛騨高山 池田酒店 店主 池田尚哉

お寺の屋根の修繕

妻の実家に寄ることがあって、義理の兄の仕事場をチラっと覗いたら、寺の屋根の修繕ということで、屋根の一番上にある飾り?部分がおいてありました。

これを新たに作り直すみたいで、ドンとおいてありました。
真ん中あたりにハートのマークが。

もちろんハートではなく、猪目(いのめ)と言うらしい。

しかし、これを新たに作るって凄いよなあ、とただただ圧倒するばかり。

posted by 飛騨高山 池田酒店 店主 池田尚哉

飛騨は日本酒としての酒どころと言われますが、

何を隠そう焼酎も古くから醸造されています。

飛騨地方の南に位置する、下呂市萩原町の天領酒造では

そば・米・麦の3種類を焼酎にして販売しています。

 

麦焼酎 天真

http://www.hidaroman.com/tenryou/mugi.html

イタリア産シェリー酒の古樽で熟成、旨みと風味のバランスがとれた、

淡い琥珀色の焼酎。

 

米焼酎 天真

http://www.hidaroman.com/tenryou/kome.html

飛騨産米を使用。米ならではの吟醸香が焼酎でも楽しめる。

やや濃醇な味わいでありながらも焼酎独特の軽快な

後味の引き方が乙である。

 

そば焼酎 天真

http://www.hidaroman.com/tenryou/soba.html

この焼酎のために、飛騨で生産されているそばを買い付け、

あくまでも地元産にこだわったのだとか。

そば独特の香りにさわやかで軽快なあたりが特徴。

この「天真」3種類はアルコール度25度。

価格は、米・そば・麦のどれでも720mlで1,297円。(税込)

 

この3種類を一緒に買うこともできます。

天真3種セット

http://www.hidaroman.com/tenryou/tenshin_set.html

※3本セットではございますが、贈答用の箱に入っていると

いうわけではございませんのでご了承下さい。

 

せっかくなら、3本セットにしてお買い求めいただいたほうがお得になりますよ!

米・麦・そばの各1本3本セットで3,875円(税込)

http://www.hidaroman.com/tenryou/tenshin_set.html

 

日本酒はもちろん、焼酎でお月見、いいですね?!

no subject

| コメント(0) | トラックバック(0)
no subject

嫁さん曰く、あずきなの花らしいです。
花が咲く前に新芽は天ぷらやおひたしにして食べると
とても美味しい春の恒例ですが、
花が咲いているところを
見た事がないんです(^_^;)

町のすぐ外れにこうした自然が
あふれています。

posted by 飛騨高山 池田酒店 店主 池田尚哉

朝市のもう一つの姿。

早朝から賑わいを見せている飛騨高山 宮川朝市。
昼を過ぎるともうひとつの姿が。

ひっそりと静まり返り、
次の日を待っているかのよう。
ゆっくりと時が流れていました。

posted by 飛騨高山 池田酒店 店主 池田尚哉

大吟醸ひやおろし。

秋といえばこれを外す訳にはいかない酒がこちら。

二木酒造 大吟醸ひやおろし 秋麗の炎(しゅうれいのほのお)。

http://www.hidaroman.com/niki/honou.html

外観はこの画像で。

 

変わったビンですよね。

店主の私は40代ですが、子供の頃には通常はこの形のびんはなかったです。

おそらくですけど、60代以上の方だと、醤油やお酒が量り売りが

普通という時代の時にこんなビンではなかったでしょうか?

私、40代よりも若い世代の方なら、こうしたビンは新鮮に見えるかもしれないですね。

飲み終わった後の使い道も、いろんな方法で使われるかもしれません。

 

ひと夏越え、タンク内で熟成されたお酒は、トゲトゲしさがなくなり

どこかしらホッとさせてくれるものを持っています。

なんだろう、つい時間がゆっくりしてしまうみたいな感じかな?

すこしのんびりしたい、朋と、妻とゆっくり語りたい時にいい気がしています。

心の炎を静かに燃やしてみませんか?

 

今年も発売はされるのですが、具体的に蔵元出荷日がわかっていないので

9/2現在で日にち指定でのお届けはできませんが、発売されることはわかっているので

予約は承っております。

予約はこちら。

飛騨高山 池田酒店内 大吟醸ひやおろし 販売ページヘ

http://www.hidaroman.com/niki/honou.html

 

そんな時にはジャズっぽくstingの曲でも聞きますか。

The Best of 25 Years (Deluxe Version) - Sting

アーカイブ

ウェブページ


ジオターゲティング
Powered by Movable Type 5.1
Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
飛騨高山 池田酒店

Facebookページも宣伝
PR

このアーカイブについて

このページには、2013年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年8月です。

次のアーカイブは2013年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。