2014年5月アーカイブ

山の幸で一杯いかが?

5月も終わりを迎えようとするところ、我が家にも山の恵みが食卓に上がるようになりました。
蕗や蕨、ゼンマイなどなど、
この時期ならではの山の幸です。

普段はおかずとして
食べてますが、
酒の肴にももちろんいけますよ。

posted by 飛騨高山 池田酒店 店主 池田尚哉

飛騨高山のおとなり、飛騨古川の歴史ある蔵元、蒲酒造場から夏限定登場です。

飛騨の涼風

http://www.hidaroman.com/kaba/suzukaze.html

 

滝や川にいると吹く暑い夏でもひんやりとした冷たい風のごとく

爽やかでクリアなあじわい。

枝豆をかじりながら暑い夏の外でキリッと冷やしたこの「飛騨の涼風」で

楽しんではいかがでしょうか。

720mlで1,429円(税別価格)。

淡麗な味わいが好みの方への決定版です。

そうです、これです、この酒です。

ワイングラスで美味しい日本酒アワードにて金賞を受賞したのがこの酒。

蔵元の隠し酒 夏の番外品。

http://www.hidaroman.com/watanabe/kakushizake_natsu.html

キリッと冷やしてもいのですが、ワイングラスでも美味しいということで、

冷やし加減をちょっと抑えめに。

もうちょっと冷やしたいなあって程度にしてみると、香りが引き立ちます。

軽くグラスで転がしながらだとより一層香りが引き出されます。

辛すぎない辛口、後味サッパリ系。なのにコクもある。

生酒ではありませんので、冷暗所で保存していただくだけで夏の納涼を

お楽しみいただけます。

限定品につき、暑い夏に楽しもうと思うとすでになくなっている可能性もあるので

早めのご注文を。

 

もっとも、今年はちょっと早めに暑さがやってきているのかな?

夏日もありますよね。

 

1800mlで

価格 2,076円(税別価格)

決してお高い酒じゃありません。

気軽に楽しめる酒ですよ。

是非どうぞ。

蔵元の隠し酒 夏の番外品

http://www.hidaroman.com/watanabe/kakushizake_natsu.html

 

非売品の酒 番外品

http://hidaroman.com/watanabe/bangai.html

 

わかっているのは、原酒というだけで、すべてが非公開。

原料米・精米歩合・日本酒度・アルコール分までもが非公開。

しかしながら、蔵元では一般販売せず、ある特定の方だけ・・・とか

料亭へ出すため専用などなど・・・

実は私たちも知らないお酒が存在します。

それが、鑑評会に出品するものと同じレベルで醸造されたもの。

保存紙には新聞紙を使用し、直射日光は入らないようにしてあります。

 

今でこそ、こうして販売されてますが、確かに販売されない、特別な方に

もてなすための特別な酒というのがあるということが風のうわさに聞いてはいます。

 

http://hidaroman.com/watanabe/bangai.html

5月16日発売予定。

下の子供は今サッカーに夢中。

先日も、飛騨地区予選を勝ち上がって県大会へと駒を進めたばかり。

サッカーが好きなのはわかるんだけど、サッカーと負けじ劣らじと

子供がハマっているのが「釣り」。

ヤマメやアマゴ、イワナといった魚は普通に釣るし、

海釣りにもたまに行ったりもしてます。

ただ、渓流用のルアー竿が子供用に持ってなかったので

昔から(こっちが勝手に)知っているナチュラムさんで買ってみることに。


バッカニア特集



Guts 鱒レンジャー弐 4FT
Guts 鱒レンジャー弐 4FT








この竿、どうやらめちゃくちゃしなるらしい^_^;

折れることはないと思うけど、釣る時に竿がしならないと小物が釣れた感じで

子どもとしては面白くならないから、それはそれで楽しんでくれそうな予感。

この竿が折れるぐらいの大物を釣ったら、またその時は買ってあげるとしよう、

なんて親バカぶりをのぞかせております^_^;

大物を釣ったら、このブログに載せられたらなあ・・・

って、そんな大物が釣れるかどうか(汗)

アーカイブ

ウェブページ


ジオターゲティング
Powered by Movable Type 5.1
Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
飛騨高山 池田酒店

Facebookページも宣伝
PR

このアーカイブについて

このページには、2014年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年4月です。

次のアーカイブは2014年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。