2014年10月アーカイブ

毎度ありがとうございます。

送料について変更させていただきます。

 

 

香川県・徳島県・愛媛県・高知県 1,131円(税込)→1,080円(税込)

 

福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県

大分県・宮崎県・鹿児島県 1,131円(税込)→1,080円(税込)

 

わずかではございますが改定させていただきましたので

どうぞよろしくお願いします。

第二十四回ですが、明日10/29が締め切りになっております!

出荷予定は11/6を予定しております。

 

天領どぶろく

http://www.hidaroman.com/tenryou/doburoku.html

 

ところで・・・

どぶろくって何?

 

出来上がった醪(もろみ)は、 まだ溶け切れていない

米の固体部分を残し、白濁しています。

この状態のお酒が正真正銘の 「どぶろく」といわれるものです。

一般的な清酒は、これを濾したのち、醪を液体と酒粕に分けたものです。

「にごり酒」はより粗い布などで濾されたものです。

 

販売は他の商品とは異なり、蔵元への予約締め切りがあり、注文のあった本数だけを

出荷日に配送するという流れになっております。

賞味期限は45日。このお酒には期限があります。

 

http://www.hidaroman.com/tenryou/doburoku.html

 

にごり酒とは違うのですよ、にごり酒とは。

にごり酒を飲む機会はあれど、

どぶろくを飲む機会ってなかなかないと思いますから、

そういう意味でもぜひ一度は飲んでみて欲しい酒の一つです。

 

天領どぶろく

http://www.hidaroman.com/tenryou/doburoku.html

紅葉もはじまり、秋の味覚も美味しくなる今日このごろ、

冬の訪れも徐々に足音が聞こえ始めてきています。

飛騨高山周辺も、朝の最低気温が一桁になる日も出てきました。

(数日前には道路標示で5度を示していたことも^_^;)

 

そんな中、冬の味覚も案内が舞い込んできておりますので

ご案内させていただきます。

 

蒲酒造場 飛騨のやんちゃしぼりたて原酒

http://www.hidaroman.com/kaba/shiboritate.html

 

新酒だからこその甘いフレッシュな香り。

濃厚な味の中にも酸味があり 若々しいさっぱりした味をしています。

ガツンとくる舌あたりに、しぼりたてらしい麹の香りを伴った若い味が

口いっぱいに広がります。

酒質を損なわないよう遮光紙で包装してあります。

しぼりたてらしい荒荒しさが前面に出されています。

口当たりは軽快、ガツンとした辛さが味わいに。 麹の香りもよく出ていて、

口の中で暴れだす、まさに「やんちゃ」という言葉がぴったりです。

 

今年2014年は11月21日に発売予定だそうです。

本日より予約を開始させていただきますが、11月23日より前の日付指定を

されましても、品物がないのでお届けできませんのでご了承下さい。

 

蒲酒造場 飛騨のやんちゃしぼりたて原酒

http://www.hidaroman.com/kaba/shiboritate.html

ぜひともお買い物は、飛騨高山 池田酒店へどうぞ!

http://www.hidaroman.com/kaba/kiwami.html

 

 

この酒に使用されている「契約栽培米ひだほまれ」は、飛騨地区の

契約農家に依頼し、植物由来の肥料農法で丹精込めて育てられた

こだわりの酒米です。

この米の持つ旨みを引き出すために、精米歩合は控えめの60%。

ほのかな吟醸香、しっかりとした味わいがあるのに重くなくあとに軽く、

何度でも味わいを楽しめます。

軽く冷やしても美味しいいし、ぬる燗でも美味しくいただける、

温度帯の幅広さも特徴の一つです。

 

最近ではなかなか純米酒が出てきません。

純米吟醸こそ数多く出てきていますが、お米の味わいを

楽しめる純米はなかなか出てきません。

秋も深まり、味も熟成された酒を楽しむのは今が旬!

飛騨で育った「ひだほまれ」をぜひご堪能してください!

 

2014年からは、お客様のご要望に答えていただいたようで、

1800mlも販売されます!

(10/16現在、1800mlの価格がわかっていませんので、分かり次第

ページを修正してお買い求めできるようにいたします。)

 

白真弓 極米芳穣

http://www.hidaroman.com/kaba/kiwami.html

10月7日現在、大吟醸生酒 氷室の在庫が残り8本となっております。

この在庫分がなくなりますと、次回入荷は仕込み後の出荷となるため

11月中旬以降のお届けとなります。

(仕込みの状況によっては遅れる場合もございます)

http://www.hidaroman.com/niki/himuro.html

 

300mlも販売しておりましたが、こちらはすでに在庫がなくなっておりますため、

11月中旬以降のお届けとなりますので

よろしくお願いします。

 

10月7日現在で在庫8本です。お早めに。

 

口当たりの良さに甘口と勘違いされるぐらいの口当たりの良さ、

のど越し爽やかな味わい。
特に女性には気をつけて飲んでいただきたい酒です。

ついつい飲み過ぎてしまう、という意味で^^;

 

大吟醸生酒 氷室

http://www.hidaroman.com/niki/himuro.html

これまで蒲酒造場のにごり酒の顔として長年親しまれてきた

どぶろくまつり 合掌の郷

http://www.hidaroman.com/kaba/gasshou.html

 

ですが、このたび2014年11月を持って終売されることになりました。

これからの蒲酒造の主力は、

とろ?りにごり原酒に代わることになるようです。

 

とはいえ、11月まではご購入いただけます。

買うなら今しかないです。マジで。

 

濁りならではの口当たり滑らかなやわらかさに、甘さが口の中に広がります。

のど越しはことのほかさらりとしてます。

そうそう、吟醸ですので香りも楽しめます。

1800mlで2,300円(税別)、720mlで1,200円(税別)。

もうなくなってしまうことがわかっているだけに、

飲むなら今です、今しかないです。

とは書きましたが、正確に言うと、

ブログTOPページ、サイドバーにWEBページを表示させる

と、書いたほうが正確でしょうか。

え、実は私、いろんなトラブルを乗り越えて

ブログをムーバブルタイプ(通称MT)をずっと使っておりますが、

私が始めたバーション2.5ではこのWEBページなる概念がなかったので、

WEBページというものがイマイチ理解するのにずいぶんと時間がかってしまいました。

そこで、「飛騨高山 池田酒店」の一部ページをこのWEBページに移して

ちょっと整理してみようと記事を移動してWEBページを作成してみました。

それを、ブログTOPページ(インデックスページ)のサイドバー(うちのブログだと

右部分ね)にタイトルだけ表示させるようにするにはどうしたらいいか、今日の午後から

4時間ほど格闘。


で、出来たのがこれ。
一応コメントアウトしておきます)

#<!--ウェブページ内容抽出-->
#    <h3 class="widget-header">ウェブページ</h3>
#    <div class="widget-content">
#<mt:ifarchivetypeenabled archive_type="Page">
#<mt:pages include_subfolders="1" lastn="30" sort_by="title" sort_order="ascend">
#<h2>
#<href="<$mt:PagePermalink$>">
#<$mt:PageTitle$>
#</a>
#</h2>
#<!--<$mt:PageBody$>-->
#</mt:pages>
#</mt:ifarchivetypeenabled>
#</div>
#<!--/ウェブページ内容抽出-->


これで、とりあえずカテゴリ表示と、WEBページをサイドバーに表示することが

出来ました。

実はこれで完全ではなく、サブカテゴリのタイトルも表示できるといいんですよね。

サブカテゴリのページ自体は表示できてるので、サブカテゴリのタイトルと

サブカテゴリ事の表示だとなおよろしということで、

また時間が空いた時に格闘してみようと思います。

こうしたらええんちゃう?って助言はいつでもお待ちしておりますのでm(__)m

※ブログを運営するにあたって、いじらなきゃならんこともあって、

 どうしても技術的なこともやらないといけないんですけどね、

 メモみたいに残しておかないとわけわからなくなってしまって^^;

アーカイブ

ウェブページ


ジオターゲティング
Powered by Movable Type 5.1
Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
飛騨高山 池田酒店

Facebookページも宣伝
PR

このアーカイブについて

このページには、2014年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年9月です。

次のアーカイブは2014年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。