2011年6月アーカイブ

新製品を続々発売する、渡辺酒造店の新製品登場です。

さて、それはどんなお酒なの?

蓬莱 純米大吟醸 自然発酵蔵


実は、この酒の仕込みに使用されている水は、飛騨と白川郷の境にある

天生峠と呼ばれるところから汲まれているそうです。

この天生峠は、国道360号線、一応国道なのですが、年間の大半が通行止め、

中には「酷道」とまで呼ばれるほど細い道で、あまり整備されていない

その秘境がそこにはあります。

例外なくその天生地域にも数々の言い伝えがあるそうで、

中には、この地で修行した僧が、この地域で湧き出ている水を飲み、

身を清めたら、万病に効く神通力を得たのだとか。

そんな言い伝えのある湧き水が、日本酒にも好適だったそうで

そんないわれのある水で仕込んだ酒がこの純米大吟醸。

もともと、酒は「百薬の長」と言われているだけに、まんざら嘘とは

言いたくなくなるようなそんな酒なんです。

山田錦を使用し、45%まで削ってクリアな仕上がり、米の甘さがよくでていて、

暑い夏にもきりっと冷やしてすっと飲み干し・・・いけてしまいます。

気になる価格は・・・・・


なんと!


1680円!

だって、純米大吟醸ですよ!


かなりお得なんですけど!

あまり数量もないと思いますので

お早めにいかがでしょう?
ほんと、かなりお得だと思います。

飛騨高山 池田酒店内 購入ページはこちらです。

ぜひ!!

渡辺酒造店 純米大吟醸 自然発酵蔵
関東ローカルで放送だったらしく、最近知ったのですが、関東ローカルで放送されている

スクール革命にて、牧成舎のもなかアイスが、最強の美食家が選ぶアイスクリームの名店

第1位に輝いたそうです!

おめでとうございます!!

探してみると、amazonでも買えるようになってました。




実は、牧成舎のアイスクリームは、原材料を加工するところから完成するまで

なんと4日間もかかっているのだそう。契約酪農家で絞られる新鮮な生乳を毎日集乳され、

自社っでその生乳を濃縮、それをもとに製造されてます。

そうそう、これをれるといけないのが、もなかアイスのもなかの皮は1枚1枚が

全て自社で焼いていて、すべて手焼きで焼いているのだそう。

さらには、アイスクリームの常識をくつがえす、「焼きもなか」をおすすめしているのだそう。

なんと、オーブントースターで約20秒ほど焼くと、もなかの皮がサクサクパリパリっとして、

中のアイスが程良くとろけていい塩梅に。

濃厚であるのに、後味がくどくない。これ、本当です。

この食べ方、実はしたことがあるのですが、もう絶品の旨さです。まじです。

なんでこんなことが出来るのかというと、空気を入れるのを抑えハードタイプに

仕上げているからだとか。だから、通常市販されているアイスクリームでやってみても

ただ溶けるだけですからね。



伊勢丹 オンラインショッピング 「I ONLINE」

本格的に熱くなってきたことですし、ガブッとやってみるのもいいですよ!

娘が、2泊3日のセカンドスクール(学校で行く、野外授業みたいなやつね)から

帰ってきたその日に、郵便で届きました。

セカンドスクールでの、子供たちから親に対してのサプライズプレゼントだったようで、

そんな手紙のことは一切話すこともなく、セカンドスクールに行ってきて、よほど

楽しかったのか、とても満足な顔をしていました。

子供たちへのサプライズとして、セカンドスクールの授業の中で、親が子供たちに対して

手紙を書いたんですけど、改めて書こうと思うと、なかなか書き出せないw

1枚書くのに相当な時間がかかりましたが、何とか、娘に対する思いというのを

かけたのではないか、そう思ってます。

どんな内容の文章を、私の娘は書くのだろうと思いきや、案外ちゃんと見てくれているようで、

仕事と言いながらも子どもの相手ができなかったりする状況は誰の親でもあると思うけど

そんな中、ちゃんと自分の中で消化してくれてたのはありがたかったし、

仕事が大変なんだろうなあと理解しようとしてくれているのがみてとれました。

文章の書き方は小学生らしい文だったけど、とても力強い、思いが伝わる文章で

とても嬉しかったです。

大きくなったものだ、と感じるのは体ばかりではなく、中身もちゃんと

大きくなってくれていたのだなあと、嬉しく思いました。

思ったことをそのまま書き出しているので、今回の文章は支離滅裂ですw

それだけ嬉しく、感極まっているのだと、どうか見逃してくださいw
undefined: undefined ?
日にち的には昨日の記事から、アップしますと言っていたページがとりあえず
注文できる状態にはしましたので、ご案内を先にさせていただきます。

渡辺酒造店 純米大吟醸 生原酒 愛山(あいやま)


純米大吟醸 生原酒 愛山

幻とも言われている米、「愛山」で醸造、生産。

極限まで精米された「愛山」を贅沢に使用し、搾った原酒をそのまま直詰。

愛山とは、東北のある酒蔵で有名にした米。この米を手にいれるのに

3年越しのお願いで実現した貴重なお酒です。

限定で500本生産。数はかなり少ないです。

なぜかというと、3年越しの期間を経て、ようやく米を手に入れることができたから。

そして米40俵分を手に入れることできないと言う事で、限定500本となっております。

飛騨高山 池田酒店内販売ページはこちらから。


作成中

| コメント(0) | トラックバック(0)
先ほども、ページを作成していました。

リニューアル商品もあれば、
新しいものも出てますよ!

幻の米といわれるものや、
飛騨の山奥に湧き出る天然水を仕込みに
使ったものなどが、こんなにお値打ちで良いのか
というものも発売されますよ!

純米大吟醸が、720mlで1680円という
手にとりやすく、味もたまらなく旨いものも
ありますので、好ご期待ということで
よろしくお願いします。

少なくとも1品は、アップしたいと思います。


(未入荷のものもあるので、画像は仮のものを
  使用しています)

飛騨高山 池田酒店
http://www.hidaroman.com/
まずは、この投稿が出来ているということで、
無事アップグレードが完了となりました。

今回のアップグレードは、結果としてあまりにも簡単に済ませることが出来ました。

まずはデータベースのバックアップ。

以下のページを参考に。
さくらインターネットでは、phpmyadminという管理ツールがあるので
上記のページをもとにバックアップ、エクスポートして
記事が後でどうにかなったとしても、もとに戻せるようにしておく。


MTOS5.1のファイルを準備。

このTOPページ右側に、ダウンロードボタンがあるので、
ダウンロード後、適当な場所で解凍。

回答してできたファイルをすべて、自分のサーバーの該当の場所に
すべてアップロード。

アップロードし、
http://www.hogehoge.com/mt.cgi (例えば)

要は、mt.cgiにアクセスする。
すると、アップグレード画面になるので、画面に従って
データベースがアップグレードされ、ファイル類もアップグレードされる。

というところで、無事アップグレード終了、ということになりました。

久々です。ノートラブルでアップグレードが終わったのは・・・w

新規投稿画面で、気持ち、投稿ページのデザインが変わったかな。
あとはどんなもんなんだろう?w

夏季には、生酒タイプで1800mlのものは、実を言うとなかったりします。

あ、すいません、あるのかもしれないですが、思い出せないほど

数少ないのですが、生酒は、通常基本が要冷蔵のため、

一般家庭で冷蔵庫の中に1800mlサイズの物って、なかなか入らないですよね?

なので蔵元でも造らないようにしている、そう、想像しています。

なので、生酒をお求めの場合は720mlでお選びくださいましということで^^;

蔵元の隠し酒720ml先行販売

大人気商品。

720mlが先に発売されました。

1800mlももちろんありますが、
販売予定は9月予定となっています。

販売ぺーじは、

http://www.hidaroman.com/watanabe/kakushizake.html

です。

2010年春季 全国酒類コンクール
日本酒本醸造部門で全国1位を獲得しています。

飛騨マッコリ

についてのご感想を、お客様より頂戴しました。

想像以上に美味しかったです
お酒が弱いことと、日本酒に詳しくないので不安でしたが、
甘めで飲みやすく韓国のマッコリより美味しく
購入して良かったです。

アルコール度数が約8.5%と、日本酒よりはかなり軽く、
ビールよりもちょっと強め、という位置。

にごり酒より酸味があるので、味の濃い理にも後味さっぱりするので
食も進むと思います。

渡辺酒造店 飛騨マッコリ


先程の記事に書いた
http://www.hida-takayama.net/2011/06/post-35.html

ですが、実はもう一つ金賞をとった酒があります。

それは・・・・

吟醸酒・大吟醸酒部門にて受賞した、

蒲酒造場 吟醸 白真弓

蒲酒造場 吟醸 白真弓

香りが非常に高く、淡麗辛口。

滑らかな口当たりが特徴で、やんわりと舌に来ます。

含み香が口の中にぱっと広がります。きれのある香りというよりも

やさしいフルーツのような香り。燗をするよりもお冷で。


飛騨高山 池田酒店内 吟醸 白真弓 販売ページ

http://www.hidaroman.com/kaba/g-shiramayumi.html

なんと嬉しいお知らせ!

平成23年4月18?19日、ロンドンにて行われた

「インターナショナルワインチャレンジ2011」にて、

古酒部門で、平田酒造場の「熟成古酒 飛騨の華 酔翁」が金賞を受賞!

熟成古酒 飛騨の華 酔翁

純米酒を常温で10年熟成。

黄金色に色づいた古酒はほんのりウィスキーを思わせる口当たり・香りと

独特の甘みが口の中で広がる。


たしかに古酒というもの、香りといい、味といい、通常の酒と比べると、

ちょっと変なのかなって思ってしまわれてもしょうがないほど

特な味わいと香りを持ち合わせています。

日本酒の中でも別のカテゴリとして思っていただけると、それはそれで

受け入れられると思います。

日本酒とウィスキーが異なるのと同じように、この古酒もそれぐらい違うものも存在します。

そういう意味では、ウィスキーを飲むような感覚で飲んでいただけると、

すんなりと受け入れられ、喉に通ると思います。

そう感じていただけると、この古酒の味わいや良さが一層分かっていただけ

楽しめるのではないかと思います。

あえてひとりで飲むというのが乙な飲み方かもしれません。

飛騨高山 池田酒店内 熟成古酒 飛騨の華 酔翁

10年古酒にしてはかなりお値打ちに設定してある価格ではないでしょうか。

実は、東日本大震災があった翌々日に蔵元で振舞われる筈だった、

渡辺酒造店 袋しぼり原酒。

kurashibori345.jpg

今年はその震災の影響で、遅くまで販売していましたが、

今年も完売されたようで、飛騨高山 池田酒店でも販売を

終了することになりました。

お買い求めの皆様、ありがとうございました。

また来年は蔵元公開、その場で飲むということもできるかもしれません。

ではまた来年、販売ることをじっと待って・・・期待しましょう!

アーカイブ

ウェブページ


ジオターゲティング
Powered by Movable Type 5.1
Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
飛騨高山 池田酒店

Facebookページも宣伝
PR

このアーカイブについて

このページには、2011年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年5月です。

次のアーカイブは2011年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。