家族の支え

2003年1月13日。この日もまた忘れられない1日となった。
我が家にとって2人目の子の誕生だ。

個人的には感情が乱れるほど、うれしさを感じている。
男の子の誕生であったが、私自身にとっては、元気な子供であれば良いという
思いから、男か女かはたいしたことではなかった。
当然ながら妻は病院にて入院。当たり前ではあるが、当然ながら家には留守状態。
こういうときにこそ妻のありがたさというのが痛いほどよくわかる。

子供の服がどこにあるのかがはっきりわからない。
このあたりだろうと思っていても、ズボンだけだったりシャツだけだったりと、
探しているものがなかなか見つけにくいものだ。

幸い、自分の着るものは自分のわかる位置にあるし、
最もわからないほど服も持っていないので(汗)、いいのかもしれないのだが、
礼服や普段着ないスーツなどは、やはり聞かないとどこにあるのかがわからない。
家族の中での男は、仕事を中心に回りがちである。
もっとも家族を支えなくては・・・・という思いが強ければ強いほど
そうなってしまいがちでもある。
(もちろんそうばかりではないし、主夫もいらっしゃることと思うので、
あまり細かいことには突っ込みはなしでお願いします(笑))

しかし、主婦をしながらオンラインショップをされている方は
わんさかといるわけで、さらに家族の世話や家事などを
こなされているとなると、まったく感服する。頭が上がらない。
やはり私を含めて仕事を持つということは、形が有る・無いにかかわらず、
暗黙の了解のうちに支えられて生きているのだと。
誰一人欠けても、それは成立できない。子供の誕生の喜びを
かみしめながら、家族の支えを再認識した1日でもあった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hida-takayama.net/mt-tb.cgi/738

コメントする

アーカイブ

ウェブページ


ジオターゲティング
Powered by Movable Type 5.1
Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
飛騨高山 池田酒店

Facebookページも宣伝
PR

このアーカイブについて

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。