価格について考えてみる

今市場では、いわゆるプレミア清酒という、非常に手に入れるのが困難な清酒が数多くあります。
当店も、お客様からのご注文により、問屋、蔵元に注文をかけるわけですが、このプレミア清酒との
蔵元とはまでお付き合いがありませんでした。
当然ながら、蔵元の連絡先をインターネットで調べ、

「お客様からのご注文なのですが、何とかお分けしていただくことは できませんでしょうか?」
(一字一句あっているわけではありませんのであしからず)

と何度となくお電話をしました。

「お分けすることはできません」といった意味の答えが当然のように返ってきます。

このプレミア清酒というものは、蔵元の生産量(供給)に対して、お客様(需要)の注文が
上回っていると、こういう言われ方をします。

しかし本当の意味とは?

酒を造っている蔵元では当然ながら酒を造るための設備が必要です。また土地も必要です。
ですので、急に人気が出て売れるようになったとしても、大手の蔵元を除いては、
ほとんどの蔵元が増石できないと思われます。
お酒を造るということは莫大な時間・費用がかかります。

通常「幻の酒」といわれているお酒の場合、蔵元が認めた酒販店に限定してお酒を卸しており、
その店以外では販売されないような流通になっています。
それは、取扱店にすべて卸すにはそれだけすべてのお酒を用意できないということも
含まれています。
しかし、「幻の酒」正規に取り扱っている酒屋さんから、お酒を購入し、別の店に転売するという 
「横流し」
と呼ばれる闇の流通経路が存在します。
(闇というにはちょっとオーバーかもしれませんが)

メーカー → 問屋 → 小売店 → ブローカー → 小売店 → 消費者

という流通になりますので、これらのお酒は、定価の数倍の価格に跳ね上がります。
標準小売価格が仕入れ価格となれば、当然価格は必然的に高くなります。

当然ながら、仕入先の曖昧な酒屋(小売店・ディスカウントショップなど、すべてのアルコールを
販売するお店を含みます)では、 これらのお酒を「市場価格」と称して、販売しており、
本来の価格など自社に都合の悪いことは一切、明記していません。

あくまでも暗黙の了解という意味で、他の正規取扱店で無いと手に入りにくいものだから
そこから分けてもらっている、などの理由でこの様な価格で販売しています、ということを
こっそり教えてくれるところはまだいいのですが、 などの理由を明記しお客様の了承を得た上で
販売しているのであれば別ですが、あたかもそれが定価のように装い、消費者が正しい情報を
持たないのを良い事に、この様な商売をしている様では悪質を言われても仕方がありません。

前置きが長くなりましたが、お客様からのご依頼で、

「とにかくこの酒が欲しい。値段に糸目はつけないから」

という、ありがたい(?)お客様でしたら、私も知り合いの酒屋さんに分けてもらい、そのお客さまに
お渡しすることそのものは、それほど難しい話ではありません。
(ただし、それも銘柄によっては本当に入荷の厳しい難しいものもあります)

どうしてこんなに明らかに普通の酒よりも高いと感じていても、欲しいと思ってしまうのか。

その理由のひとつとして、 蔵元が、この酒は適正だと考える「標準小売価格」が
あまり知られていないからではないか、そう思うことがあります。

いまや、デフレと騒がれている中で、

値段が高くなっても売れるもの・・・・こんな美味しい話は無い・・・・

なんてことをお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

標準小売価格2000円の酒を、10000円で売られていたとしたらどうでしょう?
あなたは買いますか?

決して販売している酒屋が悪いというわけではありません。お客様のご依頼とあらば、
なんとしてでも・・・・というお客様のご要望にお答えすることそのものは悪くは無いですからね。
また、その逆にいくらお客様が欲しいといっていても、高い値段で販売しても良いのかどうか?
私は疑問を感じるようになりました。もっと身近に地酒・地ビールがあるにもかかわらず・・・・

値段が高くても、お客様のご要望に素直にお答えすることが、
本当の意味でお客様のためになっているのだろうか?

それよりも、値段やブランドに左右されることなく美味しいと思うものをお勧めしたらいいのか・・・
店主の考え方一つで良くも悪くも取られるとは思いますので断定はしませんが、
標準小売価格がメーカー側で設定されているからにはちゃんとした理由があるのだと思っているし、
また、それだけの価値がある、そう思っております。ですので、あえて私は、いわゆるプレミア清酒を、
値段を度外視した仕入れ方はできません。それよりも、まだまだ飛騨には伝えなくてはいけない酒が
たくさんあります。通年商品ならまだしも、1日だけの限定品など地元の人間でさえ知られていない
酒はまだまだあるんです。

最後に、お客様のために、値段が高くなってもいいという了解のもと、あえてお客様に
提供するという主もいるだろうと思うので、その方たちに対してどうこう言うつもりはありません。
その方の立場がもちろんあるのですから。ただ、そういったことをもっとアピールできば
お客様に対する誤解なども少なくすむのではないか、そう思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hida-takayama.net/mt-tb.cgi/728

コメントする

アーカイブ

ウェブページ


ジオターゲティング
Powered by Movable Type 5.1
Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
飛騨高山 池田酒店

Facebookページも宣伝
PR

このアーカイブについて

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。