店主の日記の最近のブログ記事

え?、実は数年前からボチボチと実行しておることがあります。

本当は全てをデジタルで行おうとしたのですが、

デバイスが追いつかず、購入できなかったり・・・

というのが続いたためにそうせざるを得なかったのですが、

手帳はアナログで書くことにしました、そうしています。

昔はPDAという端末があり、今でいうスマートフォンっぽい、

電話できない電子端末とでもいましょうか、そんなので管理できたら、

パソコンとも連携、同期できてすっごい便利になるんじゃないかって思ってました。

実際に使ってみると・・・

書きたいときに思っていた以上に取り出せない・・・

入力したいときにすぐに立ち上がらない・・・

 

唯一役に立ったのが、10年ほど前、虫垂炎で入院した時、

手術後に何もやることがなかっため、病室からメールマガジンを書き、

昔のガラケーに通信モジュールくっつけて自分宛てにメール送信した覚えがあります。

色々と試したのですが、やっぱり辿り着いたのがアナログの手帳。

自分は特にポケットに入らなくてもいと思っていたので、

その当時に気になっていた、「ほぼ日手帳」。

最初は1日1ページを使用していたのですが、手帳のスタイルを変えてみようということで、

3年前からはこちらを使用しています。

 

些細なメモを残したり、仕事のことや企画などのアイデアなどを書き込んだりしていますが

書かないこともあり、自由ということにしています。

義務感にかられてもイカンと思いまして。

日記のようなことを書いてもいいし、メモでもいし、行ったところの

チケットを貼り付けてみるもよしということでかなりゆるいです(笑)

今は自分もスマートフォンで、割と楽にスケジュールはアプリで

管理できるようになってきましたが、それでもわざわざ手帳に書き込んでます。

忘れたら忘れたでしょうがなし(笑)

行く気がなかったということで判断してます。

思ったことを書くにしても割と細かいことを書いている日もあったり、

ざっくりとしか書いてない日もあったりと、あとで見たりすると面白いです(笑)

もしかすると、いろんな手帳が気になって、手帳をいくつも使いたがりな

ところもちょっとあったりしますが、まあ、それはそれということで。

用途を変えて使ってみればいだけですからね。

 

今気になっているのはこちら。

 

 

タブレットを持っていないので、タブレットっぽい手帳みたいなのって面白そう(笑)

 

 

手帳といえばモレスキンの名前が必ずというほど上がるかと思いますが、

まだまだ私にはモレスキンはステータスが高いので

もうちょっと見送りということで。

裏返せば、すごく欲しいという意味でもありますけどね。

こんな些細な事ですが、ボチボチ続けていますということです(笑)

毎度ありがとうございます。

今年2014年も残すところ、30日と31日の二日間を残すのみとなりました。

すでにお休みの方もいらっしゃること思います。

まだまだ力不足ではあるもの、これまでやってこれたのも、

お客さまのおかげと思っております。

本当に有難うございます。

 

2015年も同じように皆様に商品をご提供できるよう、努力してまいります。

飛騨の地酒や地ビールを通じて皆様に笑顔をご提供できたらと思います。

どうぞよろしくお願いたします。

 

どうぞ2015年が皆様にとりまして良い年でありますように・・・

 

 

 

ツイッターでも大手企業の公式アカウントあって、いろんなことをつぶやいているけど、

ガチガチなことをいうところもあれば、思いの外、大手企業とは思えないイメージのツイート(つぶやき)も

あったりする。

まず最初に、思ったこと。

会社の公式アカウント(大企業なら特に)であっても、ガチガチな言葉で飾らなくてもいいんだってこと。


前に言われたことではあるんだけど、とあるご年配の方から、

「会社などの公式アカウント、ブログで、軽い言葉での発言はもっての外、
軽く告知させていただきますなんて、おかしいよ」

とね。

私が思うに、会社のイメージなんて、商品を買っていただくにあたっては全面に押し出すことではなくって、

お客様に買っていただきたいという熱意と、お客様と同じ目線で語ること、つぶやくことだと思う。

話の内容が軽んじられるようなことであれば、それはいただけないのかもしれないけど、

言葉ではなく内容がちゃんとしたものであれば、お客様に伝わるような普通の話言葉で十二分ではないのかな、と。

ほんの頭の片隅にでも、その会社のことを思い出してもらいつつ商品を買っていただけるのであればそれでいんだもんね。

消費者目線って言葉もちょっとおかしな気もするけど、アカウントの中の人も同じ立場でツイート

してることを思うと親しみも湧いてくるし、色んなこと聞いてみようとか身近に感じられる、

これって会社の大きさじゃなくて、距離感だよね。

会社として、というよりも会社の中の人って感じが帰って良い結果を与えているのかなって思う。

ツイッターでの有名アカウントだと、TANITAとか、SHARPとか、キングジムとかが有名だよね。

規模ではなく、いかにお客様が身近に感じていただけるか、だと思う。
9月まであと数日、8月はあまり夏らしい印象を持つことなく
過ぎ去ろうとしています。

残念ながら、きりりと冷えた生酒を暑い夏に・・・
というわけにはなかなかいかない8月だったように思います。

しかしながら、味が落ちるわけではなく、
いつまでも変わらぬ美味しさ。

9月にもなると自然界でも季節の変わり目を迎えます。
日本酒も季節の変わり目。

生酒や夏限定品が徐々に姿を消していきます。
完売しているものも出てきてはいますが
まだまだ夏を満喫しませんか?

日本酒もさることながら、地ビールだって!
ここにはイメージに左右されない酒や地ビールそのものの
「味」がここにはあります。

日本全国の中では酒どころとはまだまだイメージがないかもしれませんが
ここにしかない美味しさや味わいがあります。

ぜひ感じてください!
お手伝いさせていただきます!

飛騨高山 池田酒店 池田尚哉

http://www.hidaroman.com/

ある決断をした。

結構勇気のいる判断だった。

自分が直接の原因ではないと思っているが

それでも結局はお客様にご迷惑がかかることである。

すでにご迷惑をお掛けしております。

それについては本当に申し訳なく

早く解消できればと思いますが

私の力ではどうすることもできず

時間だけが過ぎております。

ただし解消に向け少しでも早くなるように

手は打ちたいと思いますので。


今日はホームページのメンテ作業中。

お買い物かごボタンをつけたち取り外したり、
文面やメニューなどなど
本当に変えたのかどうかもわかりづらいようなところも
あったりします^^;

ご注文のタイミングで、もしかしたら在庫がない商品が
キャッシュなどでついたまま注文できてしまう可能性が
あるかと思いますが、その時はごめんなさい。

地味に作業しております。

「もう勘弁して!」っていうぐらいの注文もお待ちしております。^^;



下の子供は今サッカーに夢中。

先日も、飛騨地区予選を勝ち上がって県大会へと駒を進めたばかり。

サッカーが好きなのはわかるんだけど、サッカーと負けじ劣らじと

子供がハマっているのが「釣り」。

ヤマメやアマゴ、イワナといった魚は普通に釣るし、

海釣りにもたまに行ったりもしてます。

ただ、渓流用のルアー竿が子供用に持ってなかったので

昔から(こっちが勝手に)知っているナチュラムさんで買ってみることに。


バッカニア特集



Guts 鱒レンジャー弐 4FT
Guts 鱒レンジャー弐 4FT








この竿、どうやらめちゃくちゃしなるらしい^_^;

折れることはないと思うけど、釣る時に竿がしならないと小物が釣れた感じで

子どもとしては面白くならないから、それはそれで楽しんでくれそうな予感。

この竿が折れるぐらいの大物を釣ったら、またその時は買ってあげるとしよう、

なんて親バカぶりをのぞかせております^_^;

大物を釣ったら、このブログに載せられたらなあ・・・

って、そんな大物が釣れるかどうか(汗)
のし紙の上に書かれる「献酒」。
この献酒について書いてみます。

のし紙については、地方色が強く、全国的に同じ使われ方をしていることのほうが
少ないかもしれませんので、基本的に異なる使われ方をしている前提でお読みください。

飛騨地方近辺では、この「献酒」は、神社で行われる祭にて、お酒を奉納する場合に使っています。
実はほぼそれにのみ使われ、他で使われているシーンをほとんど見ませんが、
高山周辺の祭というのは、春の場合は春の高山祭りから始まり、
秋は秋の高山祭で終わる感じで、だいたい春と秋の祭りに大きく別れ、高山市内の各神社で祭りが
行われますので、そのたびにお酒や麦酒が奉納されます。
もちろん、祭を実行、運営するそれぞれの役の方たちへの労をねぎらう意味も含まれていますけどね。

皆さんの地域ではいかがでしょうか?

例えば、自分がお世話になった方へお届け物をする場合に「献酒」を使われることはありますか?
こうしたお熨斗についてはそれぞれの土地での使われ方がありますので、当店に遠慮無く
お伝え下さい。

最近特に、ゆずを使ったアルコール、当店で扱っている

「ゆず兵衛」についてよく話が出てくるようになったので

ちょっとお話したいと思います。

 

ゆず兵衛(リキュール)

┃ 岐阜県上之保産のゆずを使用、甚五郎 原酒を使用しブレンド。

┃ 柚子の香りが良く、酸味とすっきり感がとてもいい。

┃ 残りが日本の少し甚五郎原酒の香りが顔をのぞかせる。

┃ 決して邪魔しない香りはゆずをそっと添えてくれる。

┃ ストレートでも良いが、炭酸割りでカクテル風にも。

┃ ドライ派はそのまま、スウィートははシロップを加えてもいい。

http://www.hidaroman.com/funasaka/yuzubei.html

旧上之保村、現在の岐阜県関市上之保は、ゆずの産地として

特産品にもなっているゆずを使って日本酒とブレンドしたお酒です。

ブレンドした、ということは、酒類上は「リキュール」という扱いになります。

 

ブレンドしてあるお酒は、本醸造 飛騨の甚五郎。

http://hidaroman.com/funasaka/jingorou.html

先日も、県新酒鑑評会にて、本醸造の部で連合会長賞を受賞した実力派。

地元の方も、こだわってずっとこのお酒、という方が多いです。

 

感覚としては、割る焼酎とかの方ではなくて、割られる方、このゆず兵衛を割って

飲んでいただく、というイメージでしょうかね。

だから、ソーダで割るのもありですし、カクテルみたいに他の酒で割るというのも

ありじゃないかな。

もちろん、そのままで飲んでいただいたり、ロックでもいいですね。

なにせ人気というか、気になる方が多いのは圧倒的に女性。

日本酒の香りはもちろんあって当たり前なのですが、

ゆずの酸味とすっきり感が男性よりも女性に好評だろうと思います。

酸っぱい味は男性よりも女性のほうがより美味しく感じられると聞きます。

もちろん男性もありの酒ですが、男性よりはやはり女性に

圧倒的な支持。そんな「ゆず兵衛」です。

http://hidaroman.com/funasaka/yuzubei.html

みなさんもご存知の通り、4月1日から消費税が5%から8%に変更になります。

基本的には商品価格が変わりませんので、消費税率の変更だけですので

少しずつではありますが、税率変更のための準備として、

もともと記載していた税別価格と税込価格の併記を、

税別価格のみとし、(税別価格)と表記するように徐々に変更しています。

ごく一部ではありますが、4月1日から価格変更のある商品もありますので

価格が変更になる商品については、本日、メールマガジンにてご案内させていただきました。

商品ページをご覧になった時には違和感をお感じになるかもしれませんが、

3月中のお届けについては消費税は5%にて対応しておりますので大丈夫です。

4月1日になるにあわせ、お買い物カゴでの消費税の変更もプログラムを変更しますので

よろしくお願いします。

 

なんか税金の話になると硬くなってしまいますね^^;

 

ちょっとしたリンクを張っておきます。

価格改定になる商品の一部です。

ちらっと見るだけでも損はないですぞ!

 

http://hidaroman.com/niki/himuro.html

http://hidaroman.com/kaba/g-shiramayumi.html

アーカイブ

ウェブページ


ジオターゲティング
Powered by Movable Type 5.1
Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
飛騨高山 池田酒店

Facebookページも宣伝

PR

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち店主の日記カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは携帯よりです。

次のカテゴリはblogです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。