2011年4月アーカイブ

これまた、渡辺酒造店からの夏季限定品お販売再開の情報です。

その名は「ひや番長」。

どんな酒かというと?

渡辺酒造店 ひや番長

日本酒と言ってもウィスキーなどのお酒と同様にブレンドすること自体は

実はそれほど珍しいことではありません。

通常は、同じレベルでのお酒をブレンドし、味を整えていくことが多いのだそうですが、

なんと、普通酒に、吟醸酒をブレンドするという、通常は考えられないブレンド。

しかし、これを冷やして飲むことによって絶妙な冷酒が完成しました。

また、価格もお手頃。720mlで880円(税込)ですから、決して高くはないと思います。

冷やして飲んでいただければ美味しいと思いますが、保存は常温でも可能です。

(冷暗所に保管してください)

お財布にもエコなお酒となっています。



毎年人気の定番となっている、夏季限定のにごり酒、

それは渡辺酒造店の「夏のにごり酒 おんざろっく」。


夏のにごり酒 おんざろっく

実はいつでもあるわけではなくて、夏季にしかない、「夏のにごり酒」。

今年は少し早めに登場です。

このにごり酒は人気があるため、一番暑い8月にはないことも過去ありました。

とろとろの甘い口当たりはそのままに、飲み口がさっぱり、あとが残らない印象です。

さらさらな濁りというところでしょうか。

一番暑いときには、氷を浮かべてまさに「おんざろっく」で楽しめますし、

サイダーを少しアレンジして、「マッコリ風」というのも面白いと思います。

1800mlで2370円(税込み)、720mlで1260円。

驚くほど高いものではないと思います。

普段はにごり酒を飲まないという方も、おひとついかが?

蓬莱の渡辺酒造店より新製品登場!

蓬莱の渡辺酒造店より新製品の登場です。

それは・・・









禁断の大吟醸ケーキ!


世界酒類コンクール モンドセレクション
金賞受賞の大吟醸酒をたっぷりと使用、
これをたっぷりと染み込ませ、じっくりと
1ヶ月間熟成。

ケーキと大吟醸が馴染んで一体化、
上品な味わいを引き出しています。

常識破りの禁断のスイーツ。


いかがでしょうか!
重さ約400グラム、長さ約21センチ。
価格は1580円です。


近日中にアップしますが、
メールでもお受けできますので
お待ちしております!

途中で見つけたねこやなぎの木

山の途中で見つけた「ねこやなぎ」の木です。
ちょっと開いてますが、最近なかなか見ることが
できません。

太平洋と日本海の分かれ目

高山市一ノ宮町にある位山の分水嶺に
来ました。

ここでまさに太平洋と日本海の
運命の分かれ目となります!(笑)

そう思うと、ただただ訳もなく

凄いなあと思いました。
感慨深いですね。

蓬莱菰巻きボトル登場

販売エリアが飛騨地域限定の、蓬莱 菰ボトルが
発売されました。出来次第アップしたい予定ですが、

こういう商品はおもしろいですね。
なかなかないですし、飾ってもいいですよね。

販売本数も毎月300本限定となっています。

仕事でもプライベートでも、ほぼ必ず立ち寄るところは本屋。

本屋って、欲しい物を分かっていくときはいいんですが

意外と本屋によっては探しやすかったり、探しにくかったりと

なかなかてに入りにくいです。

そのおかげで、思わぬ出会いもあります。

この本、読んでみたいなあってな感じで。

で、昨日思わずであった本はこちら。



これから読もうと思うのですが、

普段は手に取らないような本でも

別の場所では引き寄せられるというか

面白い出会いがあります。もちろん、お堅い本ばかりじゃないですよ。

漫画だって。

今読みたい漫画は、


GIANT KILLING(1) (モーニングKC)





だったりしてます。

NHKでもやってましたしね。

こうした本屋の出会いがあるから、つい本屋によってます^^;

春の高山祭

| コメント(0) | トラックバック(0)

春の高山祭

ぶれぶれでごめんなさい。

みんなにちゃんと見てもらえているのかわからないから

ちょっと不安に思ったりもします。

実際のところどうなんでしょう?
渡辺酒造店が昨年初めて出した、「飛騨マッコリ」。

いろんな方々に知れ渡っているときにはすでにかなりの量が売れていて在庫薄になって

いたとかで、注文が入りだしてからはほとんどお送りできなかった

人気の品が、4/8に蔵元より発売されたようですので

ご案内いたします!

飛騨高山 池田酒店内 渡辺酒造店 飛騨マッコリ

渡辺酒造店 飛騨マッコリ

アルコール度が8.5%と昨年よりさらに低め。甘酸っぱさとともに爽やかな香り。

マッコリ独特の甘みをアレンジし、「まさにお米のヨーグルト!」ともいうべき酸味は

韓国などでは焼肉にとても良く合うと昔から聞いています。

濃い味の料理にも、後味がスッキリサッパリするこのマッコリ、

暑い夏の爽快感を楽しみたい方にも。

日本酒度が-60と超甘口ですが、酸味とのバランスと、アルコール度が低いため

軽快でさっぱりとした、こっとりとした料理などに合います。

韓国などでは、焼肉料理店にはよくあると聞きます。

飛騨で作ったこの飛騨マッコリと、飛騨牛の焼肉で間違いないかと思われますw


飛騨高山 池田酒店内 渡辺酒造店 飛騨マッコリ

こちらで注文をお待ちしております。
人気ありなので、お早めにどうぞ。



蒲酒造場 とろーりとろーり生原酒

冬のしぼりたてをそのまま夏まで蔵内にて保管。

冬の荒々しさが取れ、熟成されて丸くなったこの酒のあたりは、

まさに「とろ?りとろ?り」。

生貯蔵ではありますが夏の暑い日にひんやりといただくのが乙です。


とろーりとろーり生原酒

本日4月7日に、蔵元より発売されたようですよ!

しぼりたてのフレッシュ感から、口当たりのあのとろっとした食感が

たまらなくいい。

コクと濃さがあって、さらにきりっと引き締まるような味わい。

暑い夏にキンキンに冷えているとたまらんでしょうなあ。

要冷蔵につき、保存・保管は冷蔵庫で。

飛騨高山 池田酒店内 販売ページ

蒲酒造場 とろーりとろーり生原酒

ぜひぜひお買いくださいまし!



蒲酒造 とろ?りにごり原酒 (本醸造) 夏季限定

夏季限定品が、少し早めの4月27日に販売を開始します。
飛騨高山 池田酒店では、この発売日前に予約を開始しました。

いち早く飲んでみたいというお客様には、ぜひともご予約いただければ嬉しいです。


割り水をしない、原酒のままでとろとろなにごり酒は、キンキンに冷やして

ストレート、氷を浮かべてにごりロック。お好みの味わいに薄めて楽しんでください。

お米のあの香りと味が、味わいと香りに凝縮されています。

夏の暑さに、にごりがいいらしいですよ。

とろ?りにごり原酒  (本醸造) 夏季限定

疲れたときに、甘いモノが欲しくなるのと一緒で、

甘いお酒が疲れた体をきっと癒してくれると思いますよ!

飛騨高山 池田酒店内 蒲酒造 とろ?りにごり原酒 販売ページ




U2311H

約10年ぶりに買い換えたディスプレイがこれ。

このディスプレイを使っているのですが、こんなサイズで
20000円ほどで買えるとは思いませんでした。
綺麗だし、広々と使えるので作業がかなり楽になりました。
数カ月前より発売はしていたのですが、ページ作成が追いついていなかったんです^^;


原田酒造場 山車 田舎造りにごり酒 雪の華

山車 田舎造りにごり酒 雪の華

原田酒造場が昔から伝承されている「田舎造り」という方法があるそうですが、

その方法にこだわり「どぶ」をこえたにごり酒に仕上がっている様子。

荒漉しのため、本来のもろみがたっぷり、サラッとはしていませんが、つぶつぶ感が残る

濃厚なにごり酒に仕上がっています。もろみの持つ甘みが

じわっと来ます。暑い夏にはオンザロックでも十分楽しめます。


1800ml 価格 2,229円(税込:2,340円)

720ml 価格 1,181円(税込:1,240円)


ですので、お手頃感のあるにごり酒ですね。普段飲みできる価格帯だと思います。

にごり酒でも、さらりとした軽快感と、とろっとした濃厚感、さらには荒漉しの

「どぶろく」っぽいものがありますが、これはどぶろく感のあるつぶつぶ感が

楽しめると思います。


飛騨高山 池田酒店内 販売ページはこちらより。

原田酒造場 山車 田舎造りにごり酒 雪の華


こんな保存場所があると外出時に便利だったりします

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

お誕生日ケーキ

お誕生日ケーキは、娘と息子の自作です。

こそこそと作ってましたな。
部屋に入ってきてダメ!っていってギリギリまで

見せてもらえませんでした。



ありがとう!


正直にいいます!



今日で40歳になりました!


中身が20代と全く変わってねぇ〜!




ということで、これからもよろしくお願いします!

蒲酒造場 から、春季限定で発売された「生粋参百伝」が限定発売されていますよ!


もともとは、日本酒は現在のように琺瑯(ホーロー)のタンクではなく、

木桶が普通でした。

今はいろんな意味でホーローになりましたが、酒の原点に返るべく

木桶で仕込み。酵母が木と知って喜ぶのでしょうか、

旨みとほのかな木の香りがいきる味わいいにしあがっています。

常温でも冷やしても十分旨みが出ますが、ほんのり燗をすることによって

木の香りを楽しみながらの味わいはたまらないことでしょう。

限定品につき、シリアルナンバーがあります。


蒲酒造場 生粋参百伝

飛騨高山 池田酒店内 蒲酒造場 生粋参百伝はこちらでお求めいただけます!

http://www.hidaroman.com/kaba/kissui.html





渡辺酒造店 活性にごり 蔵まつり 

http://www.hidaroman.com/watanabe/kuramatsuri.html

渡辺酒造店 活性にごり 蔵まつり


実はこの酒、かなり危ない酒です。醗酵中のもろみを網ごしをしただけで

一切の手を加えず瓶詰め。

ビンの中で醗酵し続けているので、気をつけて開けないと、

中身は噴出してなくなってしまうことも。

特殊キャップでガス抜きはできるけれども、横に倒したままだと

吹き零れることがあるので「横倒厳禁」。要冷蔵での保存をしないと大変なことになりますw

暖かいところにおいたり、激しく振ると噴出します。

とりあつかいに自信のない方にはくれぐれも購入しないよう、お願いします。

われこそは!という方、いらっしゃいませんか?


さきほど、蔵元である渡辺酒造店に蔵元在庫がどれぐらいあるのか

確認しましたが、1000mlは残り50本ほど、500mlはまだ残っているとのことです。

気になるようでしたら、お買い求めになったほうがよろしいかと(^^ゞ 


お買い求めはこちらから!

渡辺酒造店 活性にごり 蔵まつり 

http://www.hidaroman.com/watanabe/kuramatsuri.html



原田酒造の蔵元である原田社長は、東京農大 農学部醸造学科の卒業だそうで、

原田酒造場にて使用されている花酵母について、詳しく書かれておりますので

引用してご紹介したいと思います。

?ここから?

●花酵母って何?
東京農大短期大学部醸造学科酒類学研究室の中田久保教授が世界で初めて
花の蜜から酵母を分離して誕生させたものです。
現在一般的な清酒醸造は、(財)日本醸造協会が清酒もろみ等から分離培養したものを
使用しますが、この清酒酵母の集まりやすい環境に適した花を採取し、特殊な技法で
抽出分離・培養したところ、発酵能力に優れ、味・香りとも華やかでしっかりとした旨み
を持った個性的な清酒を作り出す花酵母が誕生したのです。
●酵母って酒造りに必要なの?
アルコール飲料は全て糖分を酵母がアルコールとガスに発酵分解することによって
醸造されます。
ビールの糖分は麦芽、ワインは ブドウというように、日本酒では米が糖分源になります。
日本酒ではさらに複雑な発酵が行われており、麹(カビの一種)の糖化 酵素力が
米のデンプンをブドウ糖に変え、そのブドウ糖を酵母がアルコールとガスに分解するという
並行複発酵が行われています。
現代の酒造りは、酵母の性質によって、出来上がるお酒の香りや味わいが
非常に左右されます。
●どうして花酵母を使用するの?
花酵母には、吟醸系のフルーティーな香りを抜群に出すもの、香りは控えめだが
味わいが果実のように旨みのあるもの、香りも味 わいもあり滑らかな口当たりのもの、
キリリとした甘酸っぱさを出す軽快なものなど、現在14種類以上分離されており、
日本酒 の長所を花の種類によって抜群に引きだしてくれる天然酵母です。

当社では、四季に応じて様々な花酵母のお酒をお客様に提供しております。
純米酒から大吟醸まで、様々な味わいを選んでいただけます。将来は普通酒も
花酵母で全て仕込んでいきたいと考えおります
●花酵母との出会い
私(山車蔵元)は東京都世田谷区にある「東京農業大学・醸造学科・酒類学研究室」を
卒業いたしました。当時、醸造学科・酒類 学研究室助教授(現在は短期醸造学科教授)の
中田久保先生ご指導の下、私はビタミン類が吟醸酒の香味に及ぼす研究を
進めてお りました。アルコール発酵には微生物・酵母の存在が必須です。

中田先生は当時から野生酵母のアルコール飲料への影響と活用を追いかけて
おられました。ご自身、清酒蔵元のご出身で、当時か ら迷走する清酒業界について
真剣に熱く語っておられました。そんな中田先生との交流が卒業後も続いていた
平成13年冬、中田先生から
「すげぇ酵母が花から取れた!使ってみないか!」

とのお声がけをいただき、研究室へお邪魔して、すでに花酵母を用い て
市販化されていた他社製品をきき酒した瞬間!脳天からつま先まで雷が走りました。

「こんな酒があるのか!酒とはまだこんな に未知の可能性を秘めていたのか!」

体が武者震いしたのを今も覚えています。そして平成14年冬に初めて取り組んだ
花酵母が 「なでしこの花酵母・ND-4」でした。

そして今...

アベリア・ベゴニア・なでしこ・蔓薔薇・日日草・月下美人・マリーゴールドの
7種類の花酵母を使わせていただく までになっております。
花酵母の活用は吟醸酒のみならず、本醸造・普通酒にもおよんでおります。
そして冷や・お燗を選ばない実に懐の深い酵母が花酵母なのです。

私の花酵母との出会い...それは日本酒の無限の可能性との出会いそのものなのです。


?ここまで?


すごい出会いですよね。

こんな出会いがあったからこそできるお酒もあるということですし、
とても華やかでおいしいお酒がきるんですね。

お酒の裏にはこんなストーリーが隠されていたんですね。

こんな素敵なストーリーのある原田酒造場のお酒を飲んでみたいと思いませせんか?

ぜひ飛騨高山 池田酒店で販売しております!

お越しくださいませ!

原田酒造の大吟醸本生 花山車あべりあ 春季限定で販売開始しました。

原田酒造 大吟醸本生 花山車あべりあ

さて、お酒の名前にもある「あべりあ」とは何か?

良くご存知の、アベリアという花のことです。


そうこの花が何で?

といいますのは・・・・・改めてブログに書きます(^^ゞ

このお酒の特徴は、爽やかそのもの。きれのあるフレッシュ感のある吟醸香が

いっそうおいしさを引き立ててくれることと思います。

口あたり軽く爽快! まさしく春にふさわしくわくわくさせてくれそうです!

飛騨高山 池田酒店内 大吟醸本生 花山車あべりあ ページ

花見には最高だと思いますよ!

生酒につき、保管・保存は要冷蔵にてお願いします!



あっという間の4月ですね。

そう4月といったら、期間限定で販売されるあのお酒の登場です!

純米大吟醸生酒 氷室

毎年4月?9月の期間限定で販売されているのが、

今お昼ののドラマでやっている「さくら心中」で舞台となっている
二木酒造の人気商品です。

甘いとさえ感じられるふくよかさ、すっと口の中に入るも

香りとともにふっくらとした口の中で余韻が残って思わず
にっこりしてしまう、特に女性にも人気の品です。

二木酒造 純米大吟醸生酒 氷室

720mlで2,500円(税込み)です。
生酒ですので当然ですがお燗はできませんけれども、
これからの暑い季節に身も心もクールにしてくれることと思います。

そのに枝豆があったら・・・・たまらないと思いますよ!

1度は飲んでおいて損はない商品ですよ!


昨年11月下旬より販売してまいりました、飛騨のしぼりたては、
4/1を持ちまして、お買い物かごボタンをはずしましたので
お求めできません。
これまで数多くの方に数多くのご注文をいただきありがとうございました。

来年の新酒は2011年11月下旬ごろから始まるかと思いますが
また来年もよろしくお願いします!

アーカイブ

ウェブページ


ジオターゲティング
Powered by Movable Type 5.1
Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
飛騨高山 池田酒店

Facebookページも宣伝
PR

このアーカイブについて

このページには、2011年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年3月です。

次のアーカイブは2011年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。