上司に贈り物をしたら怒られた!「寸志」

| コメント(0) | トラックバック(0)

3月といえば、卒業や転勤など移動の時期ですね。

この時期はお世話になったという感謝の意味を込めて

目上の方に贈り物をする機会もあるかと思います。

贈り物には欠かせない、名入れのし。

自分より目上の人、さしあたり会社員で言うなら

自分の上司が転勤になった場合を例にしてみます。

 

褒められたり怒られたり、親身になって指導いただいた自分の上司。

頭にきて会社をやめようかと思ったこともあったけど、

親身になってくれている真剣さがありがたく、上司の転勤で感謝の気持を

こめて、贈り物をしようと考えました。

そこで贈り物に熨斗をつけて上司に、

「今までありがとうございました」の感謝を込めて

贈り物を渡したところ・・・

 

お前は俺をなめとったのか!

 

と怒られてしまいました。

 

のしに書かれていたのは、

「寸志 丸村丸太郎」

 

でした。

ご存じの方はもうお分かりですよね。

そう、怒った原因は

 

「寸志」

 

と書かれていたことにあったのです。

この寸志は、お礼の意味に使う機会は多いもの、

自分より目下の人に使う言葉であって、目上の人に使うのは失礼と

されています。

「薄志」も、目下の人に使う言葉です。

 

気持ちとは裏腹に、文字の意味を知らなかっために

せっかくの思いが台無し、なんてことにならないようにしたいものです。

PR

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hida-takayama.net/mt-tb.cgi/669

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

アーカイブ

ウェブページ


ジオターゲティング
Powered by Movable Type 5.1
Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
飛騨高山 池田酒店

Facebookページも宣伝
PR

このブログ記事について

このページは、naoが2014年3月 7日 21:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「4月1日からの領収書の発行について」です。

次のブログ記事は「ラベルのように酒も力強い!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。