「献酒」についてちょっと書いてみる。

| コメント(0) | トラックバック(0)
のし紙の上に書かれる「献酒」。
この献酒について書いてみます。

のし紙については、地方色が強く、全国的に同じ使われ方をしていることのほうが
少ないかもしれませんので、基本的に異なる使われ方をしている前提でお読みください。

飛騨地方近辺では、この「献酒」は、神社で行われる祭にて、お酒を奉納する場合に使っています。
実はほぼそれにのみ使われ、他で使われているシーンをほとんど見ませんが、
高山周辺の祭というのは、春の場合は春の高山祭りから始まり、
秋は秋の高山祭で終わる感じで、だいたい春と秋の祭りに大きく別れ、高山市内の各神社で祭りが
行われますので、そのたびにお酒や麦酒が奉納されます。
もちろん、祭を実行、運営するそれぞれの役の方たちへの労をねぎらう意味も含まれていますけどね。

皆さんの地域ではいかがでしょうか?

例えば、自分がお世話になった方へお届け物をする場合に「献酒」を使われることはありますか?
こうしたお熨斗についてはそれぞれの土地での使われ方がありますので、当店に遠慮無く
お伝え下さい。
PR

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hida-takayama.net/mt-tb.cgi/699

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

アーカイブ

ウェブページ


ジオターゲティング
Powered by Movable Type 5.1
Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
飛騨高山 池田酒店

Facebookページも宣伝
PR

このブログ記事について

このページは、naoが2014年4月30日 21:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「秘境が創りだした純米大吟醸。」です。

次のブログ記事は「子どもと一緒に釣りに」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。