本当の意味でのもてなしとは?

インターネットで販売させていただいているのと同時に、池田酒店は実店舗がある。
ネットでの配送はもちろん、配達もほとんど私一人で行っている。
飛騨高山という観光地であることから、旅館がとても多く、お客様からの依頼で
届けることもよくある話ではある。宿泊されるお客様とは違い、
届ける場合にはいわゆる「通用門」というところから出入りして品物をお届けすることが
ほとんどだ。これが当然であり、そうしているわけではあるが、
なぜかもてなすという意味で、旅館には表と裏がある・・・と感じざるを得ない部分がある。

酒屋というのはどうも下に見られがちな職業でもあるから、それを差し引いても、
本当のもてなしとは・・・・これいかに。

お客様は、旅館の表部分をみ、きれいな部屋に通されて存分のおもてなしを受け、
十分にくつろぐ・・・・

ここまではいいのだが、私としては、裏の部分を見ているだけに、
お客様が満足されて帰っていかれるのを見ると、なんだかさびしく思えてしまうことがある。

私の場合で当てはめてみれば、お客様同士での区別があってはいけないだろうし、
問屋さんなどの出入り業者の方とも、裏表なくもてなししなくてはいけない、そう思う。
人の振りして吾が振り直せ・・・ではないが、人をもてなす、非常に難しいことと捉えず、
できることからこつこつとやっていきたいものである。
できて当たり前プラスアルファーの、αの部分、これがおもてなしに繋がるのではないのかなと思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hida-takayama.net/mt-tb.cgi/733

コメントする

アーカイブ

ウェブページ


ジオターゲティング
Powered by Movable Type 5.1
Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
飛騨高山 池田酒店

Facebookページも宣伝
PR

このアーカイブについて

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。